デザイナー羊男の毎日

日常の「気づき」のおはなし。ごゆっくりどうぞ。

金田一秀穂先生についてもう一度

先日の記事で金田一秀穂先生のラジオ放送について書きました。

なんだかその後もこの国語学者先生が気になっていて、時間のある時に調べていたのです。代々続く国語研究の大家に生まれてその道を継いだことは知っていましたが、その人となりの背景がわかりました。

 

小さい頃から老成しているといわれて、“諦める、努力しない”が僕の信条と語る金田一先生。

ネフローゼ症候群という病気で小学校時代に長期の入院をして、同じ症状の患者さんが何人も死んでいく。それは努力しないから亡くなるのではないのです。

がんばっても本人の力ではどうしようもない。少し良くなっても次の日にはまた悪くなる…。

 

「努力は何の役にも立たない。無駄だ」。10歳でそう諦観してから、諦めることがちっとも嫌ではなくなったそうです。退院できたのはちょうど薬が発明されたから。ただ運がよかっただけ…。

 

だからご自分のお子さんが勉強しなければいけないとかちっとも思わないそうです。

ただ元気で、運動会に出てかけっこができて、自転車で転んで擦りむいて…。

「ああ、幸せだなあ。」運動会で駆け出した姿を見て涙が出たそうです。

 

そんな国語学者のことばには、何か血の通ったものを感じます。ラジオでも仰っていました。

言葉もいいけれどそれ以上に「気配」というものが大事なんだと。話し言葉には気配があります。手書きの手紙にも気配というものがあるんです。でも電子メールにはそれがありません。リモートも決して気配の伝わりやすいメディアとはいえません。

 

このコロナ禍で言葉が変に強くなってしまったのは事実。私たちのコミュニケーションでは本来、お互いの気配が重要な役割を果たしていたのに、リモートでは言葉だけになってしまう。効率的かもしれませんが、ある意味危険だし、面白くない。

 

いろんな課題がありますので、これからの人に託す部分は多いと考えます。

それでも金田一先生の温かい言葉のように、何か滋養になるものがあれば取り入れてくれればいい。そんな思いでこの記事を書き終わりました。

ほぼ日の素因数分解 ~原寸大動物園~

文字通りほぼ毎日のように、「ほぼ日」を見ています。

 

ビジネスとしていろんな賞を受賞していたり、世間の評価が高く株式上場も果たしていることから、私のようなチンピラが正当な評価ができるわけもありません。だから極力控えめにその魅力を考えて書いてみたいと思います。

 

すごくフラットでリベラルで、老若男女誰もが楽しめるコンテンツをコンスタントに出し続けることは本当にすごいこと。ただし、そこには何か一つの「クセ」というか「味わい」といおうか、ま、とにかくそういった独特の考え方があることは確かなのです。

それは、ほぼ日ファンと言われる人がほぼ一定のトーン(特性)を持っていることからもわかる。

 

その要因は、ズバリ社長の糸井重里にある、ことは間違いありません。

いや、言いきっちゃいけないんだ。そう思われます。

23年も続けているから、すでに糸井メソッドを取り入れたブレーンは育っているはず。彼らが第二の糸井重里としてこれから活躍することも、ここでは便宜的に「要因としての糸井重里」として考えてみます。(彼らにの実力やアイデアはもちろんすごいことと評価したうえでね)

 

どうしてほぼ日がこれだけ魅力的なコンテンツを量産できるのか?

 

糸井重里のルーツをたどるとそこにはコピーライターという職業があります。

それはもう説明も不要なくらい超有名で「時代の寵児」とまでいわれた方ということは、みなさんもご存知でしょう。

 

コピーライターという職業は、「なんかうまいこと言う仕事」として認知されている方が多いのでは?実際に世間に表出するのが「コピー(文章)」というカタチなのでそう思われるのも仕方ありません。。

でも、そんなキラキラした仕事でもないのですね。もちろん、キラキラした部分はあるし、そこも大事な面ではあります。

ただし、そこ(キラキラ)に行きつくまでには、調査や視察、インタビューといった地味で地道な作業が存在しています。

そしてコピーライターのもう一つの側面として、商品の見せ方を企画するということがあります。今まで一般の人々が考えもしなかった使い方や切り口を見つけてプレゼンするということです。そして時には商品開発自体にも参画する。

こういったことを最終的には「ことば」に落とし込むのがコピーライターという職業なのです。

 

私が考えるに、糸井重里氏は言葉(コピー)になる以前の工程をコンテンツ制作に活かしているのではないかと。ほぼ日サイトにも「コピー」のようなものがたくさんありますが、それらを素因数分解したものがコンテンツになっていると感じたのですね。

 

先日まで渋谷パルコでおこなわれていた(見逃した!)展示もそうです。

「原寸大動物園」

動物のイラストを人気のイラストレーターが描いて展示する。

でもそれだけじゃつまらない。そこに「原寸大」というワードが入ることで、コンテンツはぐっと面白く興味深くなります。キリンやクマが原寸で…。

想像するだけで見たくなりませんか?こういう企画の手法は意外と他ではやっていないのでほぼ日の独擅場になるのかもしれませんね。

 

やっぱすごいな、ほぼ日。

人はリスクを嫌うもの 黒ひげとワニ (再録)

いつぞやに書いた記事を再度掲載いたします。

それほど気に入っている記事というワケではありませんが、な~んとなく日曜日にあくびでもしながら読むのにいいかなと思いまして。

 

 

これ、知ってます?

オモチャなんですが、ゲーム要素が強い「黒ひげ危機一髪」です。私が子供の頃からありますが、今でもほとんど形を変えずにあるのですね。似たようなので「いたいワニ」というのもあります。ルールはまったく同じ。

 

要するに、「どれか一つを選んで、失敗すると痛い目に合う(負け)」というゲームなんです。

黒ひげ→ある一か所、剣で刺すと黒ひげ船長が飛び出す

ワニ→歯のどれかを押すとガブっと噛みつかれる

 

ワニのほうが実際の痛みを伴うので、ドキドキ感は上なのかな?

あ、でも剣で刺すのも道具立てがあるのでそれはそれで…。

さあ、あなたはどっち??

 

共通点はリスク

で、この2つの共通点が「人はリスクを嫌う」ということに根差していることなんです。古株は「黒ひげ危機一髪」で、もともとのルールは逆でした。

そう、なんと剣を差して黒ひげ船長を飛び出させたほうが「勝ち」というルールだったのです。そういえば、そのほうがストーリー的にも整合性がありますよね。

でも、それではあまりドキドキしないのです。

「やったあ!」よりも「しまったあ!」というあの感じが心に響く。実感としてなんとなくわかりますよね。

 

成功よりもリスクを回避するほうを選ぶ傾向

サイコロをふって「10000円儲かる」もしくは「5000円とられる」というギャンブルがあったらどうしますか?出目の確率は50%とします。

普通に考えたら条件的には有利なはずです。負けても半額なのです。パチンコや競馬よりもよっぽど率がいい。でもほとんどの人は賭けないでしょう。

そこにはもともと人が持っている「損をしたくない」「失敗をしたくない」という感情が働いているのですね。これは極端な例ですが、似たようなことはけっこうあるような気がします。

 

デザイン案も慎重に

デザインの案出しを複数提出することがあるのは前に書きました。私としては「冒険だけどすごくジャンプする可能性のある案」を意図的に入れています。ざっくり見て10%満たないくらいですね、これが選ばれるのは。理由は、「おもしろいけど、リスクがあるから」「あんまり見たことがないのは不安だ」というものです。

その気持ちは私もよくわかるので「あ、そうですか。ですよね。」とあまり深追いしません。「では他の会社様にご提案しようかな」とつぶやくと「あ、ちょっと待って」というような目で見られます。まあ、いろんな立場があるのでしかたないのでしょうけど、リスク回避ばかりでも前に進まなかったりしますから難しいところですね。

コース料理とコンサート

コース料理なんて滅多に食べられないものでしたが、外食感が得られることから最近増えているかも。まあその分リーズナブルな外食を控えるようになりましたね。

だからプラマイゼロ(むしろマイ)でいいんです。

特別な食事にお金を払ったほうが意味があるということですか。コロナでお金の使い方も考えるようになったなあ。

コースと言ってもせいぜいランチなので、平均すると3,000円くらいかな。

二人で6,000円。おっと、けっこうな出費ではありますが「今まで節約したから」という自分へのご褒美にちょうどいいのかもしれません。なにか「いいこと」がないと日々の生活がつらくていけない。

 

で、先日は自由が丘でカジュアルフレンチのお店を訪れました。

プティマルシェ
〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-25-22 ギャラクシービル 2F
r.gnavi.co.jp

そんなに肩ひじ張るような雰囲気じゃなく、こじんまりした気軽に入れるフレンチレストラン。でもちゃんと、オードブルから始まってスープ、サラダ、パン、メイン、デザート、コーヒーと給仕されるし、フォークやナイフもテーブルクロスにたくさん並んで気持ちが上がります。

 

でね。コースを食べてて思ったのですが、単品では味わえない立体的なおいしさみたいなものを感じるんです。だいたい外食のアラカルトって味付け濃くするんですよ。それだけで満足できるようにだと思うのですが。

でもコースだと、ちょっと淡い味からの濃厚ボリューミーみたいな変化が作り出せる。シェフが音楽を奏でているようなと言えばキザかな?

 

そういえばコンサートもそうだ。いつもはヒット曲しか聞かないアーティストでも、つなぎで聴いたときに感じる奥深さってあるもの。

普段聴く音楽だって配信でつまみ食いするんじゃなく、アルバムでも聞きましょうよ。そんなスローライフも悪くないと思うんですよね。

叱ること、教えること

長年同じ職場で働いているとそれなりに「人に教える立場」になります。

それは一般的な会社もそうだし、コンビニやファミレスのアルバイトでもそうかもしれない。私はデザインというちょっと特殊な仕事に就いているつもりでいましたが、どんな仕事でも「教える」というのはややこしいものだと思います。

教え方といえばよく「叱る」と「怒る」の違いについて言われますね。

 

「叱る」は相手のことを成長を思って注意やアドバイスすること

「怒る」は自分の感情にまかせて相手を叱責すること

 

子供の教育でもよく言われることですが、実際にはそんなにスパッと割り切れるものじゃありません。人間だもの、感情だってあるしすべて理想的にはいきませんよ。

ただ自分的に気を付けているのは、いろんなことを持ち出したり人格を否定するような言葉を使わないということです。

 

教えられないこともある

これ、教えている人なら感じませんか?教えられないことのほうが多いと思うことも。テクニックや操作手順みたいなものなら大丈夫ですが、経験や思考を重ねることでしか得られないものは確実にあります。

 

自分で見つけないと結局のところわからない

そして、人に教えられたことはそのままでは定着しないのです。だから、教えるというのは「自分で見つけさせる」こととも言えます。自分で見つけたことは、腑に落ちているので応用が利く。応用が利かなければ本当の意味で「覚えた」ことにはならないのです。

私が人になにか教えるときに、もう一人の自分が俯瞰して見ていることがあります。

驚くほど大してことは言っていません。そう、たぶんですが大したことなんか言っちゃいけないんだと思うのです。

 

できるまでやる

そして、結局はこれなんです。これは何度も書いていますが、どんなことでも「できるまでやればできる」のです。逆もまた真なり。できないのは「やっていない」ということ。そんな時ですかね。「叱る」のは。

 

私のような未熟者でも、経験則としてこんなことを考えて行動してきました。

もし、何かの参考になりましたら幸いです。

 

ffc.tokyo

「山路問題」について ~サンプル文字の怖い世界~

山路を登りながら、こう考えた。とかくに人の世は住みにくい。住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。情に棹させば流される。 

 

夏目漱石の「草枕」の一節ですが、これがいわゆる「サンプル文字」として使われているのですね。どういうことか?

まだ文章が固まっていないけれど、デザインのイメージ制作だけ先に進めたいときに「とりあえず」の文章を入れておくのです。こんな感じにね。

「○○○○」とか「××××」というやりかたもありますが、イメージがうまく伝わりません。そこで草枕登場というワケなのです。

この機能はAdobeイラストレータ(2017以降)に最初から入っています。テキストボックスを作った時点で(おせっかいにも)自動的に入れてくれます。本当に入れたい文字がある場合はこの草枕を違う文字に差し替えるという作業になるのです。

 

テキストボックスではなく、テキストツールでワンクリックするとどうなる?

「山路を登りながら」が自動的に打ち込まれるんですよ。これが世にいう「山路問題」。デザイナーさんが意図せずポチっとしたが故に「山路を登りながら」が画面に残ってしまうという…。ああ恐ろしい。

「なんのこっちゃ」なデザインの出来上がりです。

ここには載せませんが、「山路問題」でググればけっこう画像は出てくるんじゃないかな。

実はこの機能、簡単に解除することができます。

メニューバー「編集」→「環境設定」→「テキスト」の一番下のチェックボックスをオフにすればOKです。

 

ただしこの機能、孤立点(何の意味もないポイント)を発生させないためには有効なので私は解除していません。孤立点はトラブルの原因なのさ。

なので「山路問題」には気を付けたいと思います。

 

以上、本日はちょっと専門的なお話でした。

つまらないものですが… ~その2~

「つまらないものですが」でもう1話。

先日、娘の結婚式の「顔合わせ」というのがありまして。

新郎新婦の両親どうしが顔を合わせるという文字通りの「顔合わせ」。当人同士はすっかり仲良しですが、その親は「いったいどんなおうちの方なんだろう?」という興味がある。というか気になっちゃう感じですよね。そんなこんなを解消して「ま、いい関係になりましょう」という行事なんです。で、いきなり見ず知らずのお父さまお母さまと対面することになります。

結婚というのは(他人事みたいだけど)どこか奇妙なものだと思います。

 

娘はネットで「顔合わせ」の段取りやアイテムについて調べていました。

それをもとに新郎くんと入念な打ち合わせをしたそうです。

たとえば手土産に関して言えば、

・カステラなどの切って食べるものは縁起が悪いからNG

・おせんべいも割れるからアウト

・地元の名物は話題がはずむから推奨

・あまり重いものは持ち帰るのが大変だからNG

バウムクーヘンは「年輪」を感じさせるから推奨

・すぐに食べるかわからないので日持ちのするものがよい

などなど。なるほどねえ。

 

渡す時には

「心ばかりですが…」と言いながら渡すのがよいとされています。

「つまらないものですが」は場との相性が悪いのでNGだそうです。

 

で、顔合わせ当日…

 

都内のとあるホテルおレストランでの会となりました。

両家とも始めての経験で、どこかぎこちなさが漂います。でもこういうときに緊張して行動がおぼつかなくなるのはたぶん私のほうがヒドイと思う。絶対に思う。

ダメなんだよなあこういうのホント。

まあそれでもなんとか一通り挨拶を済ませて、手土産を渡す段になりました。

私が先に渡しました。

「心ばかりですが…」

次に先方からです。

「つまらないものですが」

 

 

そう、別になんの問題もないのです。マナーなんてその場の状況で柔軟に考えればいいんですよ。後日談として娘は新郎くんに怒ったそうです。

「どうしてお義父さんに伝えてくれなかったの?」と。

 

なんでそんな形式にこだわるのかな?あの場では私のほうが「心ばかり」を使ったから、変化を持たせる意味で全然いいんだと思います。

まあ、うまく儀式を進めたいという想いが強かったんだろうと暖かい目でみていますが。