デザイナー羊男の毎日

日常の「気づき」のおはなし。ごゆっくりどうぞ。

私がデザインにハマる10の理由

はてなブログ10周年特別お題「私が◯◯にハマる10の理由

最近、物忘れが激しくなって「よし、これ書こう」と思いついたことを次の瞬間に忘れています。思い出そうとするほど、その話題は記憶の沼に沈んでいく。

こんな時は「お題」ですね。仕事でもいいのかな?でもこれしかないしな。

それにしても多いですね10個は。最初から詰まってますが…。

私がデザイン(グラフィック)にハマる10の理由です。

 

1.仕事だから

まさか、これが一番にくるとは。でも、続けてこられたのはこの理由が最も大きいと思います。「お金をいただいてお客様の満足するものを提供する」これはとても健全なサイクルに思えるし、クライアントもパートナーも職場の仲間もみんな真剣です。真剣だからおもしろいというのは動かしがたい事実ですね。

2.複雑だから

足掛け30年以上やっていますが飽きません。デザインは「複雑系パズル」だと思います。色やレイアウトもそうですが、他にも制約や予算、業界の慣例、法律、消費者の視点などなどいろんなバランスを見ながら「最適な着地点」を見つける作業です。まあ大変なんですけど、これがきれいにキマると最高にご飯(お酒も)がうまいのです。

3.変わり続けるから

トレンドは刻一刻と変わっていきます。10年前の自分の作ったものを見ると恥ずかしく感じるのはそのためです。でも流行を取り入れて何かを作るのも楽しさの一つだし、飽きさせない要因でしょうね。

4.自分も成長するから

続けることによって少しづつですがステップアップはしています。それによってできることが増えたり、制作のスピードが上がったり。目に見えて実感できるのはやはり大きいです。

5.わかりやすいから

ややこしい会議のなかで、デザインのタームになるとみなさんの顔が明るくなるのがわかります。デザインって「見た目」だからわかりやすいし、意見が言いやすいのです。

キャッチコピーなんかもそうですが、今まで寡黙にしていた人が「私はこう思います」なんて手をあげたりして。自分の意図がわかってもらえた時はたまらないですね。

6.いろんなことができるから

ラーメン屋さんのチラシを作るときは実際にラーメンを食べます。学習塾のパンフレットを作るときは、教育産業のことをけっこう調べたりします。様々な業界の仕事に参加させてもらえるのもデザインの魅力といっていいと思います。よくその業界の専門家として扱われることもありますが、一介のデザイナーです。

7.ヒントがたくさんあるから

私が生業としているのはグラフィックデザインという分野ですが、町を歩いていても雑貨やインテリア、洋服、建築、商業施設などすべてがヒントになるし、刺激になります。時々は違った分野の仕事が舞い込むこともありますし。こういうのは仕事のための学習ではなく限りなく趣味に近い感覚です。

8.経験が活かせるから

結婚したり、子どもができたり、クルマや家を買ったり、保険に入ったり、健診を受けたり、いやもっと普通のことでもいいのですが。すべてが自分のデザインの肥やしになります。だからもっと積極的に「経験」しなきゃと思います。

9・喜んでもらえるから

自分だけで作っていても、満足はできない性分なのですね。クライアントや営業、また消費者の方に喜んでもらえた時は天にも昇るうれしさなのです。で、「もっとがんばろう」となるわけです。これがずっと続いているのでしょう。

10.好きだから

最後はやはりこれに尽きますね。ここは多くは語りません。明日の朝読んだ時に赤面するラブレターのようになりそうで‥。

 

10個は多いかなと思ったけれど、案外すぐに出てきて自分でもびっくりです。

福山雅治が苦手です。 ~私は一般の感覚とずれている?Vol.2~

昨日ちょっと書いてしまったので、今日は福山雅治

「アンタ、福山がイケメンだからひがんでるんでしょッ」って声が聞こえてきそうです。「ああ、そうさ。ひがんでるさ。おいらもイケメンに生まれたかったなあ。」

でもそう単純な話でもないんですよね。

 

単に好みの問題?

はっきり申しまして、イケメンはあんまり関係ないのです。むしろ、これからのエンターテインメントはルックスも大事だと思ってるくらいで。

昔のフォークシンガーみたいな小汚い格好で、さえないルックスの人よりは全然いいじゃないですか。ただ「かっこいいか」と聞かれると「うーん」とうなってしまう。

自分が偏屈なせいもありますが、たぶん好みの問題ですね。どちらかといえば、内側から輝く「いぶし銀」みたいな人が好きなのかもしれません。奥田民生とかね。

そういう意味では、なんだか深みが感じられないような気がするんです、福山雅治

イケメン俳優とか、ラジオのパーソナリティとして人気だとか、写真やコレクターの趣味人とかいろんな側面がありますが…。

 

はたしてこれは音楽なのだろうか?

でも、ここで本当にしたいのはルックスはなく本業である「音楽」の話です。

今「音楽」と書きましたが、この記事のカテゴリーを「音楽」にすることにためらいがありました。

私、世間の「福山の歌、いいよね」という言葉を冗談だと思っていたのです。

「イケメンな福山さんだから、もちろん歌も最高っす。よいしょッ」というような文脈で語られているのかと。でもどうやら世間は本気らしい。

「なにがそんなに気に入らないの?」と聞かれそうですね。そう。そこをこれから解明していきます。自分のモヤモヤした部分をね。

 

やっぱり、声かなあ

私、クルマではよくラジオを聴いているんです。ありがたいことに東京FMでは、なぜか福山雅治の歌がかかることはありません。唯一、「福山雅治の福のラジオ」というコーナーでパーソナリティのご本人がかけるくらいです。この時間帯はだいたいCDを聴いていますが、前にたまたま聞いていたトークで妙に納得がいったことを思い出しました。

「声を維持するためにノドを大事にしている。あまり声を張り上げたりしないのは歌手生命を守るためだ」というものです。意図はわかるのですが、その「保険かけてる」感じが歌に出ていると思うのです。言い方はアレですが、なんか「うまい人が歌ってるカラオケ」を聞かされているような感じがするのはそのせいなのかと。

あと、適正としてボーカルに向いていない人っていると思うのです。楽器の才能はすごいんだけど「声にドラマがない」というか。布袋寅泰とか伊藤銀次もそうかな。

やっぱりボーカルって音楽の要(かなめ)なんですね。

 

ちょっと辛口になってしまいましたが

書いていくうちに、いろんなことがクリアになってきました。

まあ、アルバムを聴いたこともないし映画やドラマも見ていないので偉そうなことは言えません。「いやなら聴かなければいい」というのももちろんわかりますが、テレビで流れる「サラダサラダサーラダ~♪」が聞こえてくると「キーッ」と耳をふさぎたくなります。困ったもんだ。

 

では。

 

よかったらあわせてどうぞ。

hitsuji360.hatenablog.com

上白石萌音が苦手です。 ~私は一般の感覚とずれている?Vol.1~

今回は、「ちょっと、ケンカ売ってんの?」とファンの方にすごまれそうですが、思い切って書いちゃいましょう。無傷で帰ってこられるのか、私?

まあ好みの問題ですし、そんなにコトを荒立てる気はないので穏便にね。

 

最初に言っておきますが、「嫌い」ではなく「苦手」なんです。

それが音楽だったら「聴かなければいい」ということですが、いかんせん目や耳に入ってくる頻度が高い。うーん、これが困った困った、コマドリ姉妹なんです。

 

「食べるときの咀嚼音や鼻をすする音が苦手」という人はけっこういますが、わたしにとってはそのくらいの苦手具合ですね。もっと言えば、ガラスをひっかく「キーッ」よりも苦手。

なんでそんなに苦手なんでしょう。それを今から解明していきます。

歯を食いしばってね。

 

上白石萌音が苦手な件

この人、小柄でカワイイですよね。うん、わかりますよ。

で、「アイドルや美人女優じゃない等身大の自分」を演技や歌に投影した結果「人とは違う個性」にしていると。

わかるんだけどホントそのまま、額面通りなんだよなあ。

演技や歌からそれが透けて見えてきて、気になっちゃうのです。

ナチュラルな私」「コットンのような素朴さ」「お茶目で元気なOL」

といった彼女の狙いや目論見がそのままカタチになっている感じ。

また世間がその通り受け取っているのも、自分としては「困ったな」という部分ですね。

比較するのも陳腐な話だけれど、妹の上白石萌歌のほうはそんなに「意図」があからさまに見えません。たぶん萌歌にもあるのでしょうが、その違いはどこなんだろう。

妹のほうが一枚うわてということかな。

だとしたらやっぱり私は「上白石萌音が苦手」というよりも「世間の評価に疑問を持っている」とするのが正しいのかも。

テレビを見ていても、すごく居心地の悪さを感じるのです。

 

さいごに

こういう、「世間とのズレ」みたいなことはけっこうあります。

アーティストやタレント・芸人の実力と世間の評価のバランスの悪さとかを感じると、そこに抵抗しようとする意識が働くのか。なかなか興味深い事案です。

でも、声高に「苦手でーす」「嫌いでーす」と叫ぶのは芸がないし、意味もない。

自分としては「どこに違和感があるのか」をじっくり考えてみたいですね。

これは、ちょっと他の人(福山雅治とか)でもありますので続けてみようかな。

では。

真っ白な画面を前にして ~テレワークの弊害~

昨日は私のデザインツールについてのお話でした。

イラストレーターというソフトなんですけど、このソフトは真っ白なキャンバスに絵を描くように制作していくのが大きな特徴なのです。

これが、「すごく使いやすい」という人もいるし、「なんだか不安になる」という人もいます。私は前者ですが、不安になる気持ちもなんとなく理解できます。

 

思いっきり不安になりました

先々週の金曜日に、同じチームのデザイナーにあるパンフレット(損害保険)のデザインを頼んでおいたのです。「超短納期なのでデザインチェックの余裕をみて、来週中に仕上げたところまで見せてね」とお願いして。

で、先週の金曜日、「できたかな?」と見てみたら…。

真っ白でした。目もくらむような、銀世界。

これはいったい。新種のアート作品か?

現代人の虚無感を表現しているの?

それとも高級食パンの断面なのか?

 

いや、そんな悠長なことを言っている場合ではありません。明後日までに初校(最初の提出)を出さないとと失注してしまう厳しい世界です。

どうしてこんなことになったのでしょう。

 

言い訳はもういいよ

確かに、彼女には初校の日は教えてありました。

「それまでにやればいいかなと思いまして…」

いや、そりゃそうだけどさ。1日でできる量じゃないでしょ。ちなみに昨日の月曜日は棚卸で職場は休暇日だったのです。

もう、文句を言っている余裕もないので、「全部俺がやる。引き取るからデータをください」といって見せられたのが「白の世界」だったのです。

おかげで土・日・月とお休み返上でした。リサーチのために近所の自動車さんにパンフレットをもらいにいったり、目まぐるしく私が返上した休日は過ぎていきました。

 

テレワークの弊害

今回の仕事は外部へのイラスト発注もあり、スケジュールが複雑を極めました。

そこに気を取られすぎた自分も悪かったのですが、職場で机を並べてやっていたら…このような事態にはならなかったなあと。ま、言ってもしょうがないんですけどね。ああ、テレワークって難しいなあ。

 

とにかく、明日はラストスパートです。

今日は明日に備えてもう風呂入って寝ます。

 

では。

 

 

デザインツール アドビイラストレーターについて ~愛すべき私の相棒~

今回はかたよった業種の話になるので知らない人には「なんのことやら」かもしれません。あ、でもデザインって案外身近にあるのでそうでもないのかも。

とにかく始めます。

 

アドビのイラストレーターというソフトが好きです。

初めてこのソフトに出会ったのは、30年くらい前。その時のデザイナー御用達は、アルダス・フリーハンドというソフトとこのイラストレーターで双璧をなしていました。

今でも初めてさわったときの感動は忘れられませんし、基本的な機能や使い方は現在のCCでも変わっていないと思います。

何が感動したかって? 円が信じられないくらいきれいに描けたから。

この感覚はアナログからデジタルへの変遷を経験していない人には理解できないでしょうね。DTP(パソコンによる版下作成)以前のデザインの現場は、筆やロットリングペン、烏口という筆記具で図形や文字を描いていくアナログなものです。

きちんと線が引けるまで何年もの修行が必要な世界です。

円を描こうとしたら、コンパスに先ほどの筆記具を装着してケント紙に描いて中を筆で塗ります。それを大型カメラやスキャナで撮影して「版下」を作っていくのです。

半径5cmの円を描こうと思っても、筆記具の先の太さを計算しなければなりませんし、できあがった円をルーペで見れば当然ですが「ヨボヨボ」しています。

 

いっぽう、イラストレーターは半径5cmの円が信じられない精度で描けるのです。なんの熟練もいらず、一瞬で理論的な円が描ける。これだけで、イラストレーターは私にとってなくてなならないツールとなりました。

 

もちろん他のグラフィック・編集系ソフトも使いますし、場合によってはエクセルやパワポでもデザインを起こします。でも、自分のルーツ(根っこ)はイラストレーターで最初に描いた「円」だと思っています。

 

この「カチッとした」持ち味を生かします。

このソフトが出始めの頃、やたらと凝ったデザインが流行りました。むやみにシャドウ(影)を入れたり、グラデーションを多用したり、ソフトの機能をてんこ盛りにしたようなデザインです。私はデザインに関しては、昔から一貫してシンプルでモダンなものが好きなんです。文字もヘルベチカみたいなスイス系のカチッとしたものが好み。

こういう凝ったデザインは、「どうだ、すごいだろ」っていってるだけのような気がして。本来のプリミティブな感動とはなんか違うと思うのですね。完全に私見ですが。

クライアントには受けがいいのか、しばらくは流行っていたと思います。

ここ数年でwebでも「フラットデザイン」がもてはやされるようになり、「ああ、私は間違っていなかった」と意を強くしたりしていました。

これはデバイスのモバイル化(スマホへの移行)が関係していますので、単純に好みの問題だけではありません。とても興味深いお話なので、これについてはまた書きたいですね。

 

読みづらくてスミマセン

あまり見慣れない用語が満載で、読みにくかったらすみません。

なんとなく、いつも使っているソフトについて書いてみようかなと思いついてしまって。

デザインって歌舞伎でいう黒子みたいなもので、主役は文章や写真・イラストといったコンテンツだと思っています。「どれだけ自分を消せるか」がポイントだとも。

そこまで控えめになっても、強い志は忘れずに楽しんでいきたいものです。

では。

 

 

 

グルメリポート 八丁堀 とんかつ「山城屋」

本当は昨日書くつもりだったこの記事、松田聖子の歌番組出演で急きょ後倒しとなりました。まだ感動の余韻があるうちに書いておきますね。

 

f:id:hitsuji360:20211017050926j:plain

東京は中央区、八丁堀。ひっそりとした佇まいのとんかつの店「山城屋」の前に来ております。もちろんこの記事は食べ終わった後に書いているのですが、盛り上げるために時系列に構成しました。ご了承ください。

「グルメリポートは店に入る前から始まっている」これはある哲学者が言っていたことですが、店の前に立っただけで「もうすでにおいしい」。

あ、ちなみに哲学者って私です。

 

f:id:hitsuji360:20211017051200j:plain

どの店もそうですが、メニューって迷いますよね。

とんかつ屋なら、ロースにしようか、ヒレかつにしようか、いや変化球でエビフライもいいぞ、季節的に牡蠣フライも…、いっそミックスフライはどうだ?などなど。

このように店の外にメニューがあるのは優柔不断な私には助かります。

(すみません。メニューが裏でした。あとで差し替えます。)

実はこの店、何度も足を運んでいるので王道のロース・ヒレは実食済みです。オススメというか名物は、「特製かつ丼」です。なぜか定食よりも50円高い1050円ですが、これ目当てで来るお客さんも多い。かつ丼といえば玉ねぎが一般的ですが山城屋はキャベツを使っているのが特徴なんです。

 

f:id:hitsuji360:20211017051253j:plain

さあ、店に入ってみましょう。ちょっと店内の写真が足りませんが、なかなか趣があるとんかつ屋です。余計なものがなく、それでいてシンプルすぎない。心置きなくとんかつと対峙できる環境です。店内はけっこう広くて机が離れており感染対策もばっちりです。

ああ、この甘口と辛口のソースがならぶ風景。定番ですが食欲をそそります。

 

f:id:hitsuji360:20211017055356j:plain

私が頼んだのは、ど定番「ロースかつ定食」1000円。シンプルです。

かつとご飯と味噌汁の黄金のトライアングル。少しだけ添えたお漬物もあります。

味噌汁はしじみでした。うれしい。

個人的に赤味噌が好みですが、わがままは言いません。

お盆に載せないのがこの店のスタイルで、これも雰囲気あっていいですね。

 

f:id:hitsuji360:20211017055926j:plain

揚げたてです。あたりまえか。

これは最近仕入れた知識ですが、とんかつは幅の広い真ん中から食べるのが正解なようです。

トンカツを揚げる中で、周りから温度が上がってき、真ん中の分厚い肉の中心に熱が通ったところで丁度揚げ終えるとのこと。つまり、出来立てのトンカツは真ん中が最も美味しく仕上がっている状態とのことでした。

あと、こんな興味深い記事もありました。

j-town.net

さあ、豆知識はそのくらいでいただきます。

ーー実食ーー

 

なんのひねりもありません。定番中の定番です。

だから、ごまかしが効かないのです。

肉質のよさやちょうどよい揚げ具合がダイレクトに伝わってきます。やっぱり、最初に訪れた人にはロースかつがオススメかな。うん。

満腹感よりも満足感が上回る、ほんとうに美味しいとんかつ屋さんです。

 

f:id:hitsuji360:20211017061438j:plain

八丁堀は私にとって想い出深い街です。転勤で来た初めての東京がここですから。

でも、新宿でもなく五反田でもなく八丁堀でよかったな。下町風情が残る「いい街並み」が味わえるし、実際おいしいものも多いのです。オッサン好みで渋いですね。

「和田や」という魚の定食屋や、「宮川」という唐揚げのお店も絶品。またリポートします。

とりあえずは「山城屋」から。お近くにお越しの際にはぜひどうぞ。

r.gnavi.co.jp

 

よかったらあわせてどうぞ。

hitsuji360.hatenablog.com

 

松田聖子のセルフカバーを聴いて思う

今日は本当は違うことを書くつもりでした。東京は八丁堀のおいしいとんかつ屋さんの話です。

しかし、今テレビを見ていて「これは、チョット書いておかねば」と。この感覚が生々しいうちにブログにしたためておきたくなったのです。

ネタってやっぱり鮮度があるのですよ。おぼえ書きで入れておいても、その時のパッションはいつのまにか消えてしまう。飲みかけのコーラみたいにね。

じゃあ、とんかつ屋さんはいいのか?という問題は残りますが、体は一つしかありませんからね。とんかつはまだパッションが持続しそうなので、今日は「松田聖子」一択でお願いします。

しかし、いつものことながらマクラ(前置き)が長かったな。

 

松田聖子の「瞳はダイヤモンド」知っていますか

これレコードのシングル盤持っていたんです、私。

めずらしく普段着の松田聖子がジャケットで笑顔もなしです。詞の内容からなのでしょう。なかなかよいディレクションだと今でも思います。曲もユーミン節が色濃く出ていて松本隆の詞がツボにはまってる完成度の高い、いわゆる名曲。

ただ一つ、歌詞で自分の瞳や涙をダイヤモンドに喩えるのはいかがかな。どうでしょう?

B面の「蒼いフォトグラフ」も目立たないけど心に残る佳曲なんです。「♪一度破いてテープで貼った蒼いフォトグラフ」って、知ってる方みえます?

 

Mステでのセルフカバーを聴いて

今日見ていた番組はMステ(テレ朝)でした。郷ひろみPerfume三浦大知松田聖子という流れです。

「ひろみゴーは年取らないなあ。ジャケット、着るのか脱ぐのかはっきりせい」

Perfumeはあいかわらずキレッキレだなあ。容姿もかわらんし、ロボットちゃうか」

などとテレビにツッコミ入れつつ楽しんでいたのです。

で、出ました大御所、松田聖子。曲は「瞳はダイヤモンド」のセルフカバーです。

セルフカバーはこの業界でヒットを出し続けたベテランに与えられる特権ですよね。当時とは違うアレンジで、歌い方も変えています。

正直な感想は「なんか違うな」でした。伴奏のアレンジは松任谷正隆ではない人でしたが、基本はオリジナルに近く「キラキラ」を加えた感じ。それ自体そんなに悪くはありません。ただそこに松田聖子の「タメ」を持たせた歌唱が絡むとなんだか違和感があるのです。ちょっとオケよりも遅らせて歌っている‥。

アレンジした伴奏にアレンジした歌い方。ちょっとアレンジしすぎで、原曲へのオマージュになっていないと感じました。

「長い年月を経て、表現力が増した」ということなんでしょうが、オリジナルを聴きこんでいた私は「普通に歌ってほしかった」と思ってしまったワケで(倉本聰風)

懐かしい歌が聴けただけに、ちょっと残念に思ったのでした。

 

さいごに

他のアーティストもセルフカバーをしていますが、なかなかオリジナルを超えるものはないと私は思います。歌って想い出も内包しているから、そこにアレンジを加えるのはリスキーなのかもしれません。他にも理由はありそうだなとも思っていますが。

佐野元春みたいにきちんと解釈して違う曲のように昇華している人もいますし、これはこれで好きなんです。なかなか興味深いセルフカバー問題でした。

話は変わりますが、たまには歌番組も楽しくていいですね。めっきり少なくなりましたが。

タモさんがんばってね。

では。

 

よかったらあわせてどうぞ。

hitsuji360.hatenablog.com